<このサイトの操作について>
スマホや、パソコンでも横幅が狭いと、メニューボタンが表示されずに、横棒が3本、多分右上に出てきますので、それをクリック頂くと、メニューが出てきます。メニューを消すときは、右上の矢印を押してください。

 

フェルデンクライスメソッドとは


わかりにくいとは思いますが、それを承知であえて書くならば、

 

ズバリ、「学び方を学ぶ方法」です。

 

本当に、根本的に大事なことを身につけることができます。

 

 わかりにくいと思いますが、わからなくても、その恩恵を受けることはできるし、やらなければわからないだろうし、やってもわからないかもしれないけど、やった方がいいと思うので、やってみて下さい、お薦めします。

 

フェルデンクライスメソッドとは

創始者モーシェ・フェルデンクライス博士は、『心地よい体の動きが“脳”を刺激し活性化させる』ことを発見し、1940年代に一つの体系化されたメソッドとして確立。

以来、ヨーロッパをはじめ北米・南米・オーストラリアへと広がり、その実績は教育・芸術・医療など幅広い分野で評価され、現在では日本を含め世界で活用されています。

このメソッドは、身体に心地よい動き(呼吸や声、目や口、腕や脚、背骨や骨盤などの部分的或いは全身の動き)を通し、全身の骨格や筋肉がどのように連携して動いているのかを詳細に体験することで、脳を活性化し、神経系を通してより自然で質の高い動きと機能を身につけていく、学習のためのレッスンです。心地よい体の動きで活性化された脳は、これまでの身体の無駄な動きや力の使い方に気づきながら、如何にすれば余分な力を使わずに効率よく楽に動くかを学習します。その結果、心と身体の双方にわたって無駄な緊張が解きほぐされ、持てる能力を充分に発揮することが可能となります。 

 

 

 

 

創始者 モーシェ・フェルデンクライス(1904-1984)について:

 

1904年旧ロシア領ポーランドに生まれ、イスラエルで開拓者として肉体労働に従事。パリ・ソルボンヌ大学で工学・物理学の博士号を取得後、物理学博士としてジュリオ・キュリーの研究所で働く。スポーツの愛好家としても知られ、日本柔道の創始者としても名高い嘉納治五郎先生からパリで柔道を習い、西欧人として初めての黒帯取得者のひとりとなる。その後、フランス柔道クラブを創立し、フランス柔道連盟の会長を務めるなどスポーツ界にも尽力した。しかし、サッカーなどで膝を故障し、当時の医学では固定するしか対処のすべがないことを知り、どうしたら再びスポーツ活動が自由にできるかを、物理学をはじめ大脳・神経生理学、生理学、解剖学、心理学、精神医学、系統発生学、ヨーガ、柔道などを基に探求していった結果、現在のメソッドの基礎を確立し、再びスポーツ活動ができるようになる。そのことは周囲を驚かせ、教えを乞う人が次第に集まるようになり、1940年代に現在のメソッドとして確立した。(1984年没)

 

 

主な著書に下記がある

  • Body and Mature Behavior(1949)

  • Awareness through Movement(1972:邦訳「フェルデンクライス身体訓練法」)

  • Nora's Case(1977:邦訳「脳の迷路の冒険」)

  • The Elusive Obvious(1983)

  • The Master Moves(1984:邦訳「心をひらく体のレッスン」)

 

フェルデンクライスの言葉としては下記の言葉が知られている

  • 不可能を可能に、可能を容易に、容易を優雅に

  • あなたがしていることを知れば、あなたは望むことができる

  • 動くことは生きることであり、動きがなければ生きることは不可能だ

  • 人間は常に学習する能力によって変容する可能性を秘めている